「 福祉制度 」一覧

介護保険サービス(一覧)

介護保険サービス(一覧)

<在宅で利用できるサービス>①訪問介護(ホームヘルプ):自宅でのホームヘルパー訪問による身体介護(入浴・排泄・食事等)や、家事援助(調理・掃除・洗濯・買い物等)のサービスです。家事援助は、同居の家族がいる場合、その家族が要介護状態や障害があるなどの理由が必要です。

生活保護

生活保護

受給できる要件は以下の4点です。①資産がゼロである。※預貯金が全くないこと。生活に利用されていない土地や家屋は売却します。ただし、資産価値がなければその対象ではない場合もあります。②能力の活用。※働く能力がある方は就労を求められます。

家族会について

家族会について

家族としての辛さや悩みを話すことで「自分だけが悩んでいるのではなかった」「同じ悩みを持っている人がいる」など、仲間がいるという発見ができます。また、発病してすぐの人から長い人まで様々で、障害を持つ家族が先々の生活について等語り合ったりします。

ひきこもりと精神科医療

ひきこもりと精神科医療

ひきこもりは、精神科、心療内科にかかって「診断」を受けることですべてOKではありません。診断だけがあって、病名だけが独り歩きする危険性があります。病名がつくと家族はのめり込みやすいです。また、薬を飲めばなんとかなるのではないかと思い込んでしまいます。

障害年金

障害年金

【受給の条件】1.初診(現在の傷病について初めて医師の診療を受けた日)から1年6ヶ月経過していること。2.20歳から初診日までの3分の2の期間年金を納めている又は、初診日の直近1年間年金を納めていること。3.現在の状態が障害年金の級に該当しそうか。

障害者の就労

障害者の就労

障害者の働き方は様々です。障害について雇用先に伝えて働くオープンな形と、障害のことを伝えず働くクローズな形があります。オープンで働くと、周囲のサポートや理解・配慮を得ながら就労ができますが、障害福祉サービスの利用を含め、本人が障害について受容できていないと利用することは難しいです。

多職種カンファレンス

多職種カンファレンス

精神病の患者さん、認知機能の低下や日常生活動作(ADL)が低下した高齢者患者さんについて、入院治療後、介護やお世話の問題、地域での迷惑行為などにより自宅へ戻ることが不可能となったり、施設への入所が断られたりすることは精神科の臨床では頻繁に見られる光景です。

福祉サービス一覧

福祉サービス一覧

障害福祉サービスの内容のひとつとして、区分1以上では、居宅介護(ホームヘルプ)があります。自宅で、食事等の介護、洗濯及び掃除等の家事、生活全般にわたる援助を行います。また、短期入所(ショートステイ)では、自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設等で、入浴、排泄、食事の介護などを行います。

法テラスについて

法テラスについて

精神障害者を支援していると、経済や生活問題など障害故に複合的な問題を抱えている人に出会うことが少ないくないと思います。経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができなかったり、近くに専門家がいない場合利用できるのが、法テラスです。

スポンサーリンク
精神科(レンタングル大)
精神科(レンタングル大)